2008年01月30日

米国の景気悪化はピークオイル危機への救いとなるか

 大上段に振りかざしてみましたが、ネタがあるわけではありません。

 先ほど米国の10〜12月期のGDP速報値が発表され、ほぼゼロ成長に近いところまで米国の景気が落ち込んでいるとのことでした。
アメリカの商務省によると、前の期に比べて0.6%のプラスと、予測を大幅に下回っていたとのこと。前の期が4.9%と信じられないくらい高かったのからガラッと変わっています。
特に住宅投資は23.9%減で20年ぶりの記録とのこと。(以上BSJapanのWBSより)

 このところのサブプライムローン問題がいよいよ米国を不況に引きずり込んだか、ないし株式市場だけみていると世界恐慌の前触れか、と思わせるような変動ではあります。

 さて、不況になって、ピークオイルの時期が先延ばしになるでしょうか。
 1月2日をピークにして、原油価格は1バーレル100ドルから下がっているようですし、米国発の不況が需要を軟調にさせる効果は間違いなくあるでしょう。

 とはいえ、すでにここ数年間の原油価格高騰は、確実に途上国を中心とする地域の需要の崩壊につながるような影響を与えてきたでしょう。つまり潜在的な石油需要には根強いものがあるはずで、一箇所の不況で世界全体の需要がクラッシュするわけではありません。
 劇的に単年度あたりの石油消費量を落すことができれば話は別ですが、そうはならない限り、ストックの限界としてのピーク年を数ヶ月ほども後ろにずらすことにはならないでしょう(2005年が仮にそのピークではなかったとして、の話ですが)。

 この不況がピークオイル問題にどんな影響を及ぼすか、定性的には以下のような感じでしょうか。

 世界的な不況(米国の経済シェアが大きいためそう見えるでしょう)に「ともなって」原油生産量が低下してもそのことがおかしいとは捉えられず、結果としてすでに石油生産のピークが過ぎていたというコンセンサスの形成は遅くなるという悪影響があるでしょう。
そのコンセンサスこそがピークオイル時代とポストピーク時代(=エネルギー下降の時代)との境目のイベントですから、早期警報ができなければ問題は悪化すると見なければならないでしょう。続きを読む
posted by おぐおぐ at 23:41 | TrackBack(0) | 哲学(時代認識/エネルギー論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

一度乗っておけばよかったシーマックス

 私SGWの地元、愛媛県の松山観光港−北九州・門司港を結ぶ石崎汽船 の高速双胴船「シーマックス」が1月14日運航を中止しました。
 原油高騰の折、採算が取れなくなったからという理由なんですが、高速船が真っ先に廃止になったのは少々意外でした。
 価格が高い目であること、旅客のみで物流を担っていない点から、フェリーと比べて元々採算が取れにくかったのだろうと思いますが、高速艇の、高速であるがゆえの燃費ペナルティがそんなに厳しいのかーという思いです。
(実際には一度も乗ったことのない高速船なんですが)

 次は松山空港から上海とソウルへ通っている国際線が廃止になる番かなあ、と思います。

 瀬戸大橋に鉄道の線路を引いておいてくれてありがとうね、という雰囲気ですね。本四連絡橋公団がまっ赤っ赤で、道路特定財源から赤字を補填されていることは承知の上で。

 与党が出している原油高騰対策の内の、離島航路への助成はぜひとも実行して欲しい項目です。
posted by おぐおぐ at 10:56 | TrackBack(0) | 悪影響/ニュース/リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

政府の原油高対策の記事

12/25毎日新聞:<原油高対策>低所得者に灯油代 トラック業者に高速割引も

 より、個別項目へのコメントをしておきます。

■政府の原油高対策の主な内容■

     項 目           予算額

・低所得者向け灯油購入補助     ※29億円

・社会福祉施設への暖房費補助     ※6億円
(このあたりは手当てが新設されることは望ましいでしょう)

・運送業向け高速道路料金割引    302億円
(意味が分かりません。ガソリン代高騰となんの関係があるんでしょう?)

・漁業者向け経営強化基金の創設   102億円
(これは借金をしやすくするための保証では?もしそうなら、より首が回らなくなる手助けとなるわけで、反対です。)

・地方バス路線維持への助成      79億円
(重要とは思いますが、すでにこれまでも旅客が減少して苦しい中で維持は大変難しく、オンデマンド相乗りタクシーなどの別のモビリティ維持のための手法を推進するべきなのでは?)

・離島航路維持へ助成         59億円
(代替策はないことと思います。)

・農業者向け省エネ設備導入支援     6億円
(バイオマスの設備を選択するよう条件を限定すべきだと思います)

・石油販売業の信用保証基金積み増し  70億円
(ガソリンスタンドが廃業しないように、借金できるようにするものでしょうが、素直に価格転嫁をさせるべきです。)

・下請適正取引推進センターの創設    5億円
(上記活動のためのセンターならしっかり活動できるよう、制度面の支援をすべきでしょう。便乗値上げ監視も同様にすべきでしょうが。)

※は25日現在。特別交付税で2分の1を国が補助
−−−

その他で思いつく話としては、

・国中の既存の県営、市営住宅に対して外断熱改修工事を急遽対策として行うべき
(外断熱の方式なら、室内側に居住したままで改修工事が可能なため。このあたりは景気対策としても意味があるでしょう。)続きを読む
posted by おぐおぐ at 12:38 | TrackBack(0) | 悪影響/ニュース/リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ん!07年12月のランキング

 JanJanブログのアクセス数解析機能を使って、12月の1ヶ月間の人気がある記事を10件紹介しておきます。

2007年12月HTMLごとアクセス数一覧
順位 HTML タイトル アクセス数
1 INDEX 3978
2 100ドル原油に占める年金基金とヘッジファンドの寄与 296
3 雑談部屋その2 293
4 ん!:ニュース短信その7 246
5 IHT/NYTに輸出ピークに関する解説が 238
6 原油高騰はドル安のせい? 225
7 本日の甘利大臣発言録その2 218
8 「エネルギー基本計画」への手抜きパブリックコメント 206
9 (改装)雑談部屋 204
10 今週の注目発言-Peak Oil Reviewより 180


2007年12月検索文字列順続きを読む
posted by おぐおぐ at 10:57 | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。