2008年07月29日

ん!:ニュース短信その11

  この記事の中で、短いニュースを蓄積していきます。

・6/末までの原油価格
・7/1値上げのニュース…ニュース??
・7/2G8サミットに食糧分科会新設
・7/4山頂2号(rita)さん、ブログを再開
・7/9ピークオイル概論の翻訳版更新
・7/9種子島LAMPO結成と勉強会のご案内
・7/11自民党原油価格高騰対策PTの提言
・7/11民主党も原油高騰対策発表
・7/15全国一斉の漁民の1日スト
・7/15JAF Mateに載ったピークオイル論
・7/18週刊ダイヤモンド7/19号に「新型石油危機」特集
・7/19民主党三谷光男議員国会で初?のピークオイル論争
・7/20サウジの落日他の分析記事
・7/21中央公論8月号で堺屋太一も紹介
・7/23豪カンタス航空のCEO、ピークオイル下の航空業界を語る
・7/29漁業燃料費9割補填−自民党のエクストラブールスト

−−−
●漁業燃料費9割補填−自民党のエクストラブールスト
毎日:漁業燃料費補てん:政府、危機感に対応 野放図な支出懸念
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080729k0000m010112000c.html
漁業燃料費補てん:政府・与党、民主1千億円に対抗
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080729k0000m010122000c.html
 少し前の「全国一斉の漁民の1日スト」の短信で書きましたが、自民党政府はやっぱり、やっちゃいけない路線に走ってしまっているようですね。
 ピークオイル時代という「終りのない第3次石油ショック」の恐れを認識していれば、無規律な財政出動は財政破綻への一本道だとわかって避けたはずです。
 ピークオイル時代についてのまっとうな時代認識を持った政治家が多数派を取ることを絶望的に期待しておきます。
 エクストラブールストというのはおまけの豚肉=ポークバーレルという意味です。

Gasoline will be free, will be free〜♪
Gasoline will be free, will be free〜♪
Way back in the year of 2017,
The sun was growing hotter,
And oil was way beyond its peak...
http://jp.youtube.com/watch?v=I3Wk_jcfm3Y
(シェリル・クロウの歌う「ガソリン」、お勧めです。)
つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 12:28 | TrackBack(0) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

7/29締切:経済産業省の新たな再生可能エネルギー政策提言(案)へパブコメを

 締め切りは明日一杯です。ぜひともご意見をお出しください。

 各種MLの中で最新情報を送っていただいている中川修治氏(ng-ndアットマークma2.seikyou.ne.jp)の情報を、許可を得て転載していきます。

 まずは、表題のパブコメ募集が始まっている件について。

 緊急提言(案)に対する意見公募要領の中では、
 ”なお、本件に関しましては、先般から複数の新聞、テレビ等において、住宅用太陽光発電に関する支援策の創設等について報道されておりますが、補助金、税制等の具体的な支援策の内容は、その創設の可否も含め、今回の提言、皆様からのご意見を踏まえ、今後、検討されていくものであります。”とされています。つまり中身が定まっていないものです。


「総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会 中間とりまとめ(緊急提言)案 パブコメ応募呼びかけ」
2008/06/28 8:17

「太陽光・風力発電トラスト」運営委員・中川です。

重要案件メールでお送ります。

先のメールで

> > さらに緊急報告という事で資源エネルギーシステムの一木氏が新エネルギー
> > 部会であきらかにされた政府方針を説明したのだが、その内容は先に心配
> > したとおりのものであった。不思議に小さい数字を上げながら大きなこと
> > だけは言っているというのが実態のようだ。
> >
> > それに対して、思わず、その数字が小さすぎるということで質問をしたの
> > だけど「これは、政府の方針でそれをそのまま伝えているので、パブリッ
> > クコメントにどんどん意見を言ってもらえばいい」とまるで政府方針を本
> > 当にすばらしいと手放しでほめていたとは思えない態度の豹変ぶりにあき
> > れてしまった。

と書きましたが、下記のURLで出ています。(見たら腹立つかもしれませんが・・・・)

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?&BID=620208010

来月(7月)の2日までの募集です。是非、皆さん一過性の補助金では駄目で、きちんと社会が公平で公正な形で負担する開始年度毎の発電原価を保証するFIT(固定価格買い取り制)で、成果評価のできるものへと制度自体を抜本的に変えるべきだと意見を出しましょう。

ポイントは

1.目標値が低い
2.環境価値に関してRPS(電力会社への再生可能エネ使用量(購入含む)義務付け)とグリーン電力証書との整合性などが問題とされることなく相乗効果を上げることを期待するとか不思議なことが書かれている点

などでしょうか・・・。

この案のスタンスは基本的には政府があらたに資金を国民に出せという風になっていて、既に、原子力に掛けていてその非効率が明らかな資金の流れはそのままにしておいてという点も勿論、指摘すべき点でしょう。

皆さん、他にもいろいろあるでしょうけど兎に角、FITへの全面的な変更を求めましょう。

制度はシンプルで公平で公正なものとしなければなりません。今の仕組みは様々な既得権を変な形で組み合わせただけですからね。

未来の人たちに対して、恥ずかしくないものを提案しましょう。


【以下署名】
-------------------------------------------------------------
自然エネルギーは太陽のエネルギーのフローを人間の文明圏に導入する事で、云わば農業と同じ第一次産業なんです。

【きれいな電気が汚い電気と同じ値段は、やっぱ、おかしいでしょ・・・】

 『太陽光発電』って?

  それは、個人の屋根の上にあっても牛小屋の屋根にあっても、社会のピーク電力供給をささえる屋根の上の クラインガルテン 〜

 『風力発電』?って

 それは変動するけど社会のベース電源と認識されるべきもの 〜

  で、「市民共同発電所」てのは、市民が直接、お金を出す ほんまもんのあるべき「公共事業」なんです。

-------------------------------------------------------------

中川修治
Eメール ngndipアットマークyahoo.co.jp (返事はこちらにお願いします)
携帯 090-####-####(すいません確認とってませんので#にしておきます。)

自然エネルギーを無理なくみんながつかえる社会の仕組み作りを目指す「太陽光・風力発電トラスト」のホームページ
     http://trust.watsystems.net

「市民の、市民による、市民の為の共同発電所」設置プロジェクト
http://trust.watsystems.net/ploject.html
http://trust.watsystems.net/panhu2.html(詳しい説明)

最新プロジェクト 「宮崎市民共同発電所」プロジェクト
    http://trust.watsystems.net/miyazaki-npo1.html

  アーヘンモデルの紹介(動画です)
http://alenjp.org/sh/ahen/nso.htm

結構、頻繁に内容の更新してます。でも、何処を更新したかは分かりません。
で、ご覧のページは必ず、RELOAD して下さいね。

(個人ページ)は http://ha2.seikyou.ne.jp/home/ng-nd/(偶には見て・・・)

トヨタのヴィッツのモニターキャンペーンに当選し1年間モニターしました。。(で、エコ・ヴィッツ日誌なるファイルをUPしてます)現在はプリウスに変わりました。http://trust.watsystems.net/saga/eco-vits.html

   いまやりたいのは  本来のあるべき情報共有化を目指した
   ウェブ上での環境放送局 デジタル・パブリック・チャンネル
      http://blog.livedoor.jp/ngnd/

【参考ビデオ情報】

市民共同発電所始まる 1994年8月
 http://video.google.com/videoplay?docid=6045472405981169674

COP3京都会議まえに発電開始した市民共同発電所 1997年6月
 http://video.google.com/videoplay?docid=862658960018697469

2001年、アーヘンモデルの紹介  
 http://video.google.com/videoplay?docid=-7027051279581666536

2003年 佐賀市民共同発電所 発電開始
 http://video.google.com/videoplay?docid=7386658840012225003

経年劣化でそろそろ問題多発(壊れるインバーター問題)
 http://video.google.com/videoplay?docid=2719113691588827002

ほかいろいろUPしてあります。

−−−−転載ここまで。
 以前『温暖化いろいろ』として送ったパブコメ内容はこちら。
「自然エネルギー開発を阻害している新エネRPS法へのパブコメは5月18日まで」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/2342.html
 その他「ん!」では
「新・再生可能エネルギー(電力)の次期目標値はいかに?」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/forum2/7731.html
「たそがれの旧・通産省」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/forum2/9030.html
「2014年の自然エネルギー目標はとても低い」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/forum2/9400.html
posted by おぐおぐ at 21:20 | TrackBack(0) | 供給側対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

忠言は耳に逆らう

 7月15日の全国一斉1日ストのあと、漁業者の苦境に対する同情的なコメントばかりが目に付く中、ジョージ・モンビオの漁業についての批判は耳に痛いです。

Trawlermen cling on as oceans empty of fish - and the ecosystem is gasping
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2008/jul/08/fishing.climatechange
「海洋から魚が消えトロール船乗りは陸にへばり付き、生態系はあえいでいる」
より仮訳を紹介しておきます。

 ”世界中で現実に対抗する英雄的な抗議行動が行われている。道路や燃料貯蔵庫を封鎖し、ミサイルを発射し自動車をひっくり返している。
 石油が欠乏し、彼らが言うには政府はなにか行動を取らなければならないそうだ。私たちは税金をどう使うべきなのだろう。”

 ”最近その超現実的な抗議行動に漁民が加わった。イタリアやスペイン、ポルトガル、フランス、そして日本で。先月ブリュッセルで彼らは石油高騰の陰謀を巡らしている警察に向けて投石し、炎を投げた。漁民たちは、漁民たちを救う対策が何も講じられなければ、数千人が漁船を廃船にし、網をしまうという。共感を呼ぶ抗議の声と聞く人も多いだろう。”

 ”(しかし)石油の高騰は我々から暴走する地球温暖化を防ぐ最後の盾であるのと同様に、世界の海洋生態系にとっての最後のかすかな希望は石油の高騰だけである。”

 マグロ資源を保全しようとしている東アジアの政府は一つもない。しかし今や日本や中国、台湾、韓国のマグロ漁船の1/3が数ヶ月ドック入りしている。”

”石油価格が魚の価格よりも急激に上昇しているため、米国の太平洋岸で設定されている持続不可能なレベルの漁獲枠は今年は全部は使われないだろう。”

 ”スペインの漁民が提唱している無期限ストは、欧州の漁業が長年聞いたことがない福音だ。”

”海底を根こそぎにし、不必要な混穫で多数の種を脅かしていたトロール船は、1年で彼らの産業が崩壊してしまうと警告している。それも大歓迎だ。”
 
 ”もちろん、危機や失業を起こすことなく、穏やかに持続不可能な経営を皆が止めることができれば、もっとよかったことだろう。しかし、それは人間の本性からしてムリなことのように思える。”

 ”EUには漁船を廃船にするプログラムがある。1999年以降5%削減した。しかし、その削減は余りにゆっくりとしており、資源の減耗を上回ることはない。漁獲枠は科学アドバイザーが示した数値を常に上回ってきた。そして年ごとにゆっくりといくつかの魚種は絶滅に近づいてきた。”

 ”漁民たちは、これまで自分たちの生業(となる海洋資源)を破壊することが許されるよう、そしてそのために税金が支払われるよう沿岸国の政治家たちに強く要求してきたのだ。”

 ”過去7年間で欧州の税金から38億ユーロのお金が漁業に支払われてきた。一部は廃船と転職の補助のためにも使われてきたものの、新船や設備の更新のために、そして漁獲高を高めるために用いられている。”

”EUはその出費は漁業圧力を減らし、漁民がよりグリーンな漁法を採用する助けになるとしている。しかし実際には漁業の衰退を遅らせており、生態学上の限界を出来る限り長く無視し続けている。”
 ”もし各国が生態系を保護したいなら、補償するよりも規制をするほうが安くつく。我々の漁業政策は、他の国と同じで、短期利益のために長期的には産業自体を破壊する完全な馬鹿さ加減と近視眼政策の寓話である。”
 ”なのに漁民はもっと多くを求める。今週の漁業ニュースの見出しは、「何もくれなくてアリガト」と、イギリス政府が他の各国のような燃料補助金を出すことを拒否したことへの嘆きだった。だがなぜそうしなければならないのか。スコットランドの漁業相は英国政府が財布の紐を緩めるべきだと語ったが、また廃船に関係ないカネであるべきだと主張している。彼は本当に漁業のためになっているのか、それとも最も近視眼な漁業者に従っているのか。”

 ”私は欧州各国がこの木曜に議論する予定の草稿のリーク文書を持っている。それは災厄だ。今の合意の下では廃船になり人工漁礁になることで台数を減らすはずの漁船が、より小さな船団に変えれようとしている。EUは燃料危機で陸に上がった船員たちの給料を払うが、それは再度価格が下落したときに漁業に戻ってこれるようにするためのものだ。”
”EUの補助金規制を変えなくても加盟国がもっとお金を出せるようになっている。より省エネの機器に転換できるようにするための新たな補助金も出せる。”
 ”この提案は、燃料不足ではなくて魚の絶滅を通じて漁業が崩壊することを確実にするために作られたもののようだ。漁民は生態系も巻き添えにせずには辞めようとしないのだろう。”
 ”この原案が特に馬鹿馬鹿しいのは、特に英国では漁業がちょうど方向を転換し始めたばかりだからだ。”
”スペインやフランス、イタリアの漁師がタイセイヨウクロマグロの回復を叫んでいる(とはいえ漁獲を許せば1シーズンで枯渇してしまうだろう)中でも、英国の漁民の一部には魚の残存と漁業の生き残りには関連があることを認識し始めている兆しがあるのだ。”
”スーパーやヤングのレストランそして環境グループの働きかけにより、英国の大きな漁業者はMSCによる漁獲手法についてのエコラベルを採用し始めている。”
 ”英国の漁民はまた、法律をより真剣に受け止め始めており、ついに(信じようが信じまいが、将来の漁獲高に関係がある)産卵する浅瀬や仔魚の漁獲といった問題に関心を示し始めている。
漁船の数をはるかに多くし、絶望した漁民を海に居させ続けることにより、そして漁獲枠をあまりに薄く広げることによって、EUは漁業のグリーン化を逆行させることになるだろう。”
 ”どうしてこの問題は解決が難しいのだろう?子どもたちが受け継ぐものがなくなるというのに、どうして各地の漁民代表者は関係者の権利を守ろうとするのだろう?どうして漁民組合のリーダーたちは漁獲量があまりに多すぎれば漁業資源が減少すると語る科学者たちのことを非難するのだろう?”
 ”もしこれが人類が環境と関わる際の縮図なのであれば、人類の未来は明るいものではない。”続きを読む
posted by おぐおぐ at 13:48 | TrackBack(1) | 悪影響/ニュース/リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

県議会に農業政策についての請願書

(初出08年7月1日)
 以下の請願書を愛媛県議会に提出していただきました。

−−−
                   2008年6月30日
愛媛県議会
議長 清家 俊蔵 殿
              松山ピークオイル問題を考える会
              代表  SGW
              紹介議員 


 石油漬け農業からの脱却を進める農業政策を求める請願

請願の趣旨説明

 近いうちに世界の原油産出量が山を越して減り始め、石油価格高騰が天井知らずとなり、供給も不安定化するという懸念、「ピークオイル」論が欧米のマスメディア等で注目を集めています。
(本「ピーク・オイル・パニック」「地球最後のオイルショック」「石油ピークが来た」など)(渡辺捷昭トヨタ社長は6月に「我々の見方では、石油生産は近い将来にピークを打つ」と発言している。)

 農業においては農機具の燃料として、ビニールハウスの加温のため、また化学肥料および農薬、その他農業資材の原料として多くの場面で石油を消費して農業が行われていますが、これら関連資材の全般的な高騰はすべての農業経営を圧迫しています。

 さらに原油価格高騰に対する米国の対応として、2007年1月のブッシュ大統領年頭教書での宣言で、大々的にトウモロコシ由来バイオエタノールの生産が推進され、結果として畜産用のトウモロコシ飼料価格の高騰の原因となっています。

 やがてピークオイルが起これば、これらの原油高騰は天井知らずとなり、農業を続ける基盤は完全に破壊されてしまいます。そして、本当の問題はピークオイルが今起こっているのか10年先なのか、ではなく、ピークオイルは遅かれ早かれやってくるということです。 そのため、早急に石油漬け農業から脱却することが不可避です。


 ピークオイルは農業の危機である一方で、運輸燃料の価格も高騰するため、各農産地に対しては「地産地消」のための強力な機会となります。

 つまり海外からの食糧輸入が高価になり不安定になることから、地域の農業を支持して発展させ、自給率を向上させるために、県が農業政策および食の安全保障政策として、総合的な脱石油農業への舵取りをする政策をとることは非常に重要です。
 そのための総合的な農業支援の政策を取ってください。

請願事項

 1.愛媛県は、農業の維持のための政策および食の安全保障のための対策として、脱石油農業への舵取りをする総合的な農業政策を策定してください。

 2.その上で、現在の農家が農業を続けられるよう、脱石油農業への移行期間中暫定的に、農業部門に安定価格で石油を優先配給する制度を創設してください。
−−−−−
 という内容です。

 漁業については、まあ全国デモを企画しているくらいだから政府が何かの懐柔策を提案するかと思いますので省いています。

 ほんとうに、食料の価格が安定していても、生産に使われたエネルギーの費用よりも安くなれば農家は単に農業を止めてしまいます。その結果、ポストピーク時代には食料問題でお先真っ暗となるでしょう。
 そうならないようにするために、全ての農業活動における石油消費削減は不可欠ですし、農家の方に継続して農業を続けていただくためにも優先して農業に石油を使ってもらう、という政治的意思を表明することが、まずは緊急に必要なことだと考えます。

リンク
 おいそれと帰農できない理由(大谷正幸氏)

後日記:
7月10日、おなじみ?の阿部悦子さん(無所属市民派の愛媛県議)に、6月議会最終日に反対討論をしていただきました。
以下、いただいた最終原稿よりコピペ。
−−−続きを読む
posted by おぐおぐ at 02:23 | TrackBack(0) | 需要側:有機農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

日曜のサンデープロジェクトでのG8投機討論

 テレビ朝日の日曜討論娯楽番組サンデープロジェクトの録画より。

月尾嘉男氏
 (農業も産業も)すべて石油に依存している。石油がオイルショック、73年頃と変わったのは、もうピークオイルという言葉が出てきて、先が見えたと多くの人が思いだしたから。
 これは掘れば出てくるという、もちろんまだ100年分くらいほんとはあるという、いろいろな説あるんだけれども、少なくとも今までの値段で掘るものについてはもう先が見えたから、そうなれば当然投機に入るということで。

 以下本文です。
−−−続きを読む
posted by おぐおぐ at 00:04 | TrackBack(0) | 悪影響/ニュース/リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

To Leaders attending G8 Summit

peak2.png
Prepare Now! Peak Oil, causing the Last Oil Shock and Global Food Crisis.
teko31.png
That's the way we can curb carbon emission NOW.
posted by おぐおぐ at 20:44 | TrackBack(0) | 内政/外交提言アプローチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

バイオ燃料短信(Energy Bulletin)その2

 Energy Bulletin誌でテーマ別にまとめているバイオ燃料関係記事の引用元を、順次、蓄積/掲載していきます。
その2では中身を読む気力が湧いておりません、リンク集としてご覧ください。

●Biofuels - June 18の中で紹介している表題より。

Human cost of Brazil's biofuels boom
Patrick J. McDonnell, Los Angeles Times(16 June 2008)
http://www.latimes.com/news/nationworld/world/la-fg-biofuels16-2008jun16,0,2605521.story

How biofuels are like drugs
Vinod Khosla, Gristmill(17 June 2008)
http://gristmill.grist.org/story/2008/6/16/22494/0919

The bad oil on ethanol
Greg Roberts, The Australian(31 May 2008)
http://www.theaustralian.news.com.au/story/0,,23784461-30417,00.html

Farm-Belt Voters Favor Eliminating or Scaling Back Corn Ethanol Mandate, New Poll Finds
David Almasi, The National Center for Public Policy Research(10 June 2008)
http://www.nationalcenter.org/PR-Poll_Ethanol_061008.html

Pest threatens Brazil's Sao Paulo cane fields
Inae Riveras, Reuters(11 June 2008)
http://www.reuters.com/article/environmentNews/idUSN1034679220080611?feedType=RSS&feedName=environmentNews

Brazil's Diverse Energy Resources (video)
Energy Policy TV (10 June 2008)
http://video.energypolicytv.com/displaypage.php?vkey=355592be4e7674fa31d2&channel=EPTV%20News%20Roundtable

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 08:30 | TrackBack(0) | 供給側:バイオ燃料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。