2009年02月28日

ピークオイル時代の終り=ポストピーク時代へようこそ

 さてさて、最終日の予定稿を書いておきましょう。(初出08年7月?日)

−−−
 ピークオイル時代は終り、ポストピーク時代が始まりました。

 ピークオイル論は「石油が明日枯渇する」と言っているのではありません。「究極的に採掘可能な原油の内の半分を掘り出すまでの間しか供給は需要に追いつかない」、「生産量のピークが来た時が、安くて豊富な石油時代の終わりだ」「そしてそれはエネルギー依存症の現代文明の『成長の限界』だ」と主張しているのです。

 ピークオイルの意味を疑う人たちの懐疑論はいつまでも続くものだとは思います。
 それは、多くの人々が抱く「錬金術の薬を待ち望む」戦略、「偽りの希望でさえ、ないよりはましだ」という思考の現われだからです。

 とはいえ、いつまでも議論を続ける意味はもうないでしょう。
一つの時代の区切りをつけて、次へと歩き出すという姿勢を示すものとして、始まってから3年目ちょっと前、2009年2月28日を、このブログの最後の日として、幕を閉じたいと思います。

 ながらくのご愛顧、ありがとうございました。


 実は、ちょっと閉店前倒しの訳、続きを読む
posted by おぐおぐ at 17:00| 哲学(時代認識/エネルギー論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめに

上のグラフは最近作ったものを添付しました。08/6/14

(初出2006年5月3日)
Oilcurve2.JPG
 この原油の高騰(2005年1月からの16ヶ月間で2倍弱)は、安くて豊富な石油時代の終わりなの?それとも一過性のものなの?
ピーク後の生活はどうなるのか、どうしたいのか、国内外の動向は?などについて話し合ってみませんか。

との趣旨で討論用のブログを開設しました。

「ピークオイル」(オイルピーク、石油ピーク論)とは以下のような問題を総称しています。
−−−   −−−   −−−   −−−   −−−
・究極的に利用可能な石油量の半分を使い切ること(ストックの限界)、その時期。
・需要と供給の関係から、経験的に原油生産量はハバートのベルカーブ(釣鐘曲線)が描ける。その山のピーク。
・需要増加に供給増が追いつかないこと(スループットの限界)による悲観論。
・「」の字形の分岐部のように、右肩上がりの需要とピークを迎えた供給とのギャップが急激に開く問題。 →「ん」のカーブが意味するもの
・原油生産量がピークとなって以降は探鉱/開発に従来よりも多くの費用とエネルギーがかかるようになり、得られる原油の質も悪くなっていく(石油減耗oil depletion)との考え方。
・世界の経済成長が安価な石油に依存してきたため、ピークオイル現象に伴う石油価格の高騰や供給不安が資源戦争を始めさまざまな問題を引き起こす恐れがある。
・年来の石油価格高騰の原因がこのピークオイルではないかと欧米では議論が活発になってきている。
・地球温暖化よりも緊急な課題なのか、にも関心が集まっている。
・米ブッシュ政権はこのピークオイル論を知っていてイラク侵略をはじめたのですでに資源戦争は始まっている、という見方もある。
−−−   −−−   −−−   −−−   −−−
 以下の記事にも一度はお目をお通しください。

・「ん」のカーブが意味するもの
http://sgw2.seesaa.net/article/127917232.html
・ピークオイル対策の多くの側面
http://sgw2.seesaa.net/article/127917225.html
・ピークオイル政策検討に際しての枠組み
http://sgw2.seesaa.net/article/127917248.html
・さまざまな型の生産量ピーク?
http://sgw2.seesaa.net/article/127917471.html

 こんなマークをお手持ちのHPやブログに貼りませんか?よろしくご検討を。
  ↓
wakeuplittlesticker.jpg
http://www.peakoilaware.org/

 「なかのひと」を調べるアクセス解析機能をこちらに取り付けておきます。役所やら会社の名前を知られたくない人は、自宅のパソコンからどうぞ。

なかのひと


過去180日間に書かれた、ピークオイルを含む日本語のブログ記事
テクノラティ グラフ: キーワード「ピークオイル」に関するグラフ
このグラフをブログに貼ろう!

過去180日間に書かれた、原油高騰を含む日本語のブログ記事
テクノラティ グラフ: キーワード「原油高騰」に関するグラフ
このグラフをブログに貼ろう!

人気ブログランキングへ ←をクリックにご協力ください。続きを読む
posted by おぐおぐ at 16:00| 哲学(時代認識/エネルギー論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

イベント案内2/28第4回農を変えたい!全国集会in今治

 もう今週末になりましたが、有機農業推進法の制定運動に関わったらしい団体「農を変えたい!全国運動」より。
僕も1日だけ参加予定です。まあ顔を見に行くだけですが。

−−−
第4回農を変えたい!全国大会in今治

2009年2月28日(土)テクスポート今治にて開催されます。
以下チラシのPDFファイルのダウンロードが可能です。

今治ちらし p1.pdf

今治ちらし p2.pdf

今治ちらしp3.pdf

今治ちらしp4.pdf
−−−
 そうそう参加会費の振込みの締め切りはもう過ぎていますが。続きを読む
posted by おぐおぐ at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

今週の注目発言-Peak Oil Reviewより(その3)

ASPO-USAのTom Whipple氏によるPeak Oil Reviewより
Quotes of the Week−今週の注目発言 の最近のものを集めてみました。
 実際にはEnergy Bulletinに掲載されていたものの転載です。

 更新を長らくサボっていました。最近のものから補充をしておきます。

2/16
「先週ずっと石油需要の概算を新たにしていたが、四半世紀以上の間で一番大幅な消費減少が予測されている。それでもさらに原油在庫の増加が起こり、15年間で一番インベントリーは積み上がり、1990年以来もっとも前年に比べて増加した。これらの要因が一緒になり、原油価格を背骨の支えにも関わらず押し下げた。」
- Peter Beutel, with Cameron Hanover

2/9
「何もしなければ、米国はやがて石油の75%を輸入するようになり、誓って言うが私たちは10年後にはそいつに1バレル200から300ドル支払うようになるだろう。」
T. Boone Pickens, CEO investment management firm

2/2
「ロシアの石油生産は2007年にピークに達したが、2008年の暦年では1%ほど減少した。しかし世界にとってより重要なことはロシアの石油輸出能力である。2008年は5.00%以上減少し、予測もそれよりもよくない。ロシアは単に10年前には豊富に存在した3Kな労働力や資源の利点を現在持っていないのだ。45ドル台の石油は、供給の崩壊の場であり続けている。ロシアは生産量の大幅な下落に脆弱だ。」
- Gregor Macdonald, from “Russian Oil Production Appears To Have Peaked”

1/26
「近年の採掘と生産への投資増加は、供給の状況を実質的に改善するほど十分ではなかった。生産基地の年齢や加速する減少率、近年開発した油田の規模の矮小化などは、これ以上の投資の減少が続けば、強いリバウンドの種となるだろう。」(1/24, #1)

- Andrew Gould, Chairman of Schlumberger続きを読む
posted by おぐおぐ at 21:20 | TrackBack(0) | 哲学(時代認識/エネルギー論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

ん!:ニュース短信その13

  この記事の中で、短いニュースを蓄積していきます。
・10/19「石油代替エネルギー促進法」の政策小委員会
・10/21天然ガス版OPEC、ロシア、カタール、イランの3カ国で設立へ
・10/25OPEC大幅(150万bl/日)減産で合意
・10/29米政府どさくさまぎれにビッグ3も救済?
・11/1 IEAは年次報告でピークオイルを評価
・11/6 米国の自動車販売減速
・11/7 IEAのWEOの要約あらわる
・11/16 G20「ブレトンウッズファンクラブ」終わる
・12/5 大幅に日本企業の自動車販売減速
・12/5 半年間の原油先物価格
・12/11 世界経済成長が0%台に!
・12/15 ジョージ・モンビオのIEAエコノミストとのインタビュー
・12/18 米国FRB、ゼロ金利政策を採用
・12/18 OPECとロシア、日産220万バレルの協調減産で合意
・12/25 勝ち組?トヨタ、赤字転落
・09/1/13 ロッキーマウンテン研究所による米国石油輸入マップ公開
・1/15 棚橋祐治・石油鉱業連盟会長のインタビュー
・1/15 米国のエネルギー・石油企業のCFOsへのアンケート
・1/16 Energy Bulletin.netがポストカーボン研究所の傘下に入る
・1/19 野口悠紀雄:「ものづくり輸出立国」の終焉
・1/26 インドネシア天然ガスの輸出ピーク鮮明に
・1/28 アイスランドの政権崩壊
・2/3 ポストカーボン研究所「真のニューディール:エネルギーの希少性とエネルギー及び経済、環境の回復への道」
・2/6 大揺れの欧州デモ
・2/11 メリルリンチ:非OPEC石油はピークを過ぎ、2年ごとに新たなサウジが必要
・2/15 オバマ政権のスプロール対策
・2/17 日本の昨年10-12月期のGDP、年率12.7%の大幅減

−−−
●日本の昨年10-12月期のGDP、年率マイナス12.7%の大幅減
 74年の第一次石油ショックの、一番ひどい急減時に匹敵するということのようです。

●オバマ政権のスプロール対策
President Obama: "The days where we’re just building sprawl forever, those days are over"
”"That's why I'd like to see high speed rail where it can be constructed. That's why I would like to invest in mass transit because potentially that's energy efficient and I think people are alot more open now to thinking regionally in terms of how we plan our transportation infrastructure. The days where we're just building sprawl forever, those days are over.”
 できるところに高速鉄道と公共交通機関を建設するのが海底油田に頼らないで済むための良いスプロール対策だ、という趣旨でオバマ大統領が答えたとのこと。
2/11のフロリダ州でのタウンホールミーティングでのやり取りです。

●メリルリンチ:非OPEC石油はピークを過ぎ、2年ごとに新たなサウジが必要
Oil output could fall by 30m bpd by 2015 - Merrill
http://www.arabianbusiness.com/545723-oil-output-could-fall-by-30m-bpd-by-2015---merrill
 IEAの報告よりも踏み込んだもののようです。


Gasoline will be free, will be free〜♪
Gasoline will be free, will be free〜♪
Way back in the year of 2017,
The sun was growing hotter,
And oil was way beyond its peak...
http://jp.youtube.com/watch?v=_jkfczaOFDU
(シェリル・クロウの歌う「ガソリン」、アニメ化された版も強力になって、お勧めです。)
realnewdealJ.pdf
8月の民主党の党大会でも彼女は3曲ほど歌ったのですが、その中には「ガソリン」は入っていませんでした。残念。

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 20:54 | TrackBack(1) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

イベント案内2/26〜イギリスの言い出しっぺたちに学ぶ夕べ〜 トランジションタウン・冒険の3年

mixiのコミュニティ「ピークオイル」より転載。
http://mixi.jp/view_event.pl?id=39664125&comm_id=1322211

Talking Tree 夏樹さんの投稿です。
−−−
 トランジション・タウン運動の始まりの地、英国のトットネスより、その立ち上げから参加し、以来普及に努めてきた二人のメンバーをお招きし、活動にあたっての四方山話や様々な実例について語ってもらいます。
世界で最もトランジションが進んでいるまちトットネス、そこでの具体的な活動の様子を聞けるのは大変貴重な機会です。ふるってご参加ください!

*尚、2月28日・3月1日には別途葉山で2日間のトランジション・トレーニングを予定しております。このトレーニングは、トランジション・タウンの理論と実践をワークショップ形式で楽しく創造的に学び、どうしたらこの活動を効果的に立ち上げ、運営し、成功に導けるかについて具体的なイメージをつかんでいただくことを目的としています。ご興味のある方は下記受付先までお問い合わせください。
***********************************
    
● 日時:平成21年2月26日(木) 19:00〜21:30
● 場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
     国際交流棟 第一ミーティングルーム
     http://nyc.niye.go.jp/
● 定員:80名
● 参加費:2500円

※)2月28日・3月1日開催のトランジション・トレーニングにお申し込みいただいた方は、特典として参加費無料とさせていただきます

● お申し込み:以下のメールアドレスに、「2/26イベント申し込み」というタイトルと本文にご氏名・ご住所・ご連絡先(電話・メールアドレス)をご記入の上、ご送信ください。receptionアットマークtransition-japan.net

● ゲストスピーカー:
・ナレッシュ・ジアングランデ(Naresh Giangrande)
  トランジション・トットネスをトランジション・タウン運動の創始者であるロブ・ホプキンスとともに立ち上げる。現在は、当地でエネルギーのワーキング・グループを主宰するとともに、トランジション・トレーニングの普及に努める。

・ソフィー・バンクス(Sophy Banks)
  やはりトランジション・トットネスの中心人物。心理療法のセラピストとしての経歴を持つ彼女は、当地でハート&ソウル(心と魂)というワーキング・グループを主宰し、主に内なるトランジションの重要性について普及・啓発を行っている。

*トランジション・タウンとは  
 ピークオイルと気候変動という危機を受け、市民の創意と工夫、および地域の資源を最大限に活用しながら脱石油型社会へ移行していくための草の根運動。イギリスにはじまり世界中に取組みがひろがり、日本では神奈川県藤野町、葉山町、東京都小金井市で実践中
http://www.transition-japan.net/
−−−
posted by おぐおぐ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | go! localアプローチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

ん!2009年1月のアクセスランキング

 JanJanブログのアクセス数解析機能を使って、1月の1ヶ月間の人気がある記事を10件紹介しておきます。
 今月はエロサイトへのリンク付きコメント攻撃がありましたので、数は底上げされている分があるはずです。

 相変わらず2年前9月のイベント案内へのアクセスがトップページ(index)よりも多いのはいったいなぜでしょうねー。
グリーンニューディールへの関心が高いのは何よりです。

順位 HTML タイトル アクセス数
1 イベント案内9/14-16ティーチイン:グローバルな3重の危機に対抗する 5995
2 INDEX 3297
3 2008年のトップ10ニュース 757
4 トリプル・クランチを解決するためのグリーンニューディール 245
5 一足先にプラトーの端を越えた日本の総人口 223
6 09年1月20日はポストピークオイルディ? 207
7 バイオ燃料短信(Energy Bulletin)その2 194
8 転載:英ブラウン首相は「第3次石油ショックをテコに温暖化対策を」論に踏み込んだのか? 187
9 転載:本の紹介『ピーク・オイル・パニック』 181
10 転載:温暖化の環境制約とピークオイルの資源制約はどちらが早い? 174


2009年01月検索文字列順続きを読む
posted by おぐおぐ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。