2006年07月02日

ウプサラ議定書案についての紹介

「謹賀新年:ウプサラ議定書と石油会社の面白い動き」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/435.html
でも紹介しました。

社会の多層構造の一番左端、つまり国際社会が条約を通じて何を取り決めるべきなのかという観点から、現在提案されている石油減耗議定書案について見ていこうと思います。
つたない仮訳をしておきましたのでご覧いただき、趣旨のおかしそうな箇所を指摘していただければ、修正する中で用語の確定もしていけたらなあと思います。

(ちなみに、ハインバーグによるHP「How to Avoid Oil Wars, Terrorism, and Economic Collapse」 では石油減耗議定書(ウプサラ議定書案)の構成と効果について力説しています。後日紹介を。)


Uppsala Hydrocarbon Depletion Study Groupウプサラ炭化水素研究グループ
Uppsala University, Swedenスウェーデン・ウプサラ大学

ウプサラ議定書文案(仮訳)
http://www.peakoil.net/uhdsg/UppsalaProtocol.html−−−   −−−
エネルギー需要が産業革命以来の過去200年間急激に増加してきたことなど、ますます早いペースの変化を歴史は記録していることや、
そのためのエネルギー供給源は主に地質学的にまれな過去に形成された石炭と石油の形から得てきたが、そのような資源は減耗が避けられないこと、
石油は増大する人口を養うための農業にとって危機的に重要で、貿易には不可欠な運輸用燃料の90%を提供していること、
良く知られた地質学的な理由により、石油は地球の一部にのみ偏って分布しており、その大半はペルシャ湾の5カ国に集中していること、
先進技術と増えた地質学知識の助けを借りて、全ての主要な生産的な地域は同定されており、原油の発見量は1960年代にピークを過ぎたことが今や明らかとなっていること、
過去の生産トレンドを延長し、かつ需要の急激な削減が起らないとの仮定の下では、発見された量がピークを過ぎれば、必然的に21世紀の最初の10年の間に生産量のピークが起ることになること、
この非常に重要な資源が減少し始めることは、現代の生活の全ての側面に影響を与え、政治的、地政学的な意味を持つこと、
新たな環境への秩序立った移行を計画し、エネルギーの浪費を早期に削減するよう準備し、代替エネルギーの導入を刺激し、残っている石油の寿命を延長することは都合が良いこと、
これと関連のある気候変動の懸念に対処し、経済的財政的安定性を保ち、危機的に重要な資源へのアクセスを求める紛争/戦争の脅威の湧き起こる懸念に対し、国際協調で立ち向かうことが非常に望ましいこと、  から以下の提案を行う。

1.
 次の目的に関する協定の合意を形成するために国際会議を開くものとする。
a.石油価格が生産コストとのつながりを保てるよう、供給不足による暴利をむさぼることを避け、
b.貧しい国々が輸入を続けることができるようにし、
c.過大な石油価格により資金フローが不安定化するのを避け、
d.消費者に浪費を避けることを促し、
e.代替エネルギーの開発を促進するため。

2.その協定は次に大枠を示す条項を持つものとする。
a.どの生産国も生産量/(割ることの)推計残存量パーセント(=100÷(R/P)[%])で表される現在の石油の減耗率を超えて生産しないものとする。
b.各輸入国は現在の世界全体の石油減耗率に適合する率で輸入量を削減するものとする。
3.詳細な条項の中で、将来の発見と生産の推算のための科学的な過程や、石油の範疇の定義や、除外物と免許についても合意されるものとする。
4.各署名国は、減耗率が正確に決定されるよう、完全な技術的監査付きで、埋蔵量についての情報を提供することに協力するものとする。
5.各国は環境の変化に際しては、評価された減耗率に対して異議申し立てをする権利を持つものとする。
提案
コリン・キャンベルとKjell Aleklett
ウプサラ炭化水素減耗研究グループ
スウェーデン・ウプサラ大学

THE UPPSALA PROTOCOL

WHEREAS the passage of history has recorded an increasing pace of change, such that the demand for energy has grown rapidly over the past 200 years since the Industrial Revolution;

WHEREAS the required energy supply has come mainly from coal and petroleum formed but rarely in the geological past, such resources being inevitably subject to depletion;

WHEREAS oil provides 90 percent of transport fuel, essential to trade, and plays a critical role in agriculture, needed to feed an expanding population;

WHEREAS oil is unevenly distributed on the Planet for well-understood geological reasons, with much being concentrated in five countries bordering the Persian Gulf;

WHEREAS all the major productive provinces had been identified with the help of advanced technology and growing geological knowledge, it being now evident that discovery reached a peak in the 1960s;

WHEREAS the past peak of discovery inevitably leads to a corresponding peak in production during the first decade of the 21st Century, assuming the extrapolation of past production trends and no radical decline in demand;

WHEREAS the onset of the decline of this critical resource affects all aspects of modern life, such having political and geopolitical implications;

WHEREAS it is expedient to plan an orderly transition to the new environment, making early provisions to reduce the waste of energy, stimulate the entry of substitute energies, and extend the life of the remaining oil;

WHEREAS it is desirable to meet the challenges so arising in a co-operative manner, such to address related climate change concerns, economic and financial stability and the threats of conflicts for access to critical resources.

NOW IT IS PROPOSED THAT


1.
A convention of nations shall be called to consider the issue with a view to agreeing an Accord with the following objectives:
a. to avoid profiteering from shortage, such that oil prices may remain in reasonable relationship with production cost;
b. to allow poor countries to afford their imports;
c. to avoid destabilising financial flows arising from excessive oil prices;
d. to encourage consumers to avoid waste;
e. to stimulate the development of alternative energies.

2.
Such an Accord shall having the following outline provisions:
a. No country shall produce oil at above its current Depletion Rate, such being defined as annual production as a percentage of the estimated amount left to produce;
b. Each importing country shall reduce its imports to match the current World Depletion Rate.

3.
Detailed provisions shall be agreed with respect to the definition of categories of oil, exemptions and qualifications, and scientific procedures for the estimation of future discovery and production.
4.
The signatory countries shall cooperate in providing information on their reserves, allowing full technical audit, such that the Depletion Rate shall be accurately determined.

5.
Countries shall have the right to appeal their assessed Depletion Rate in the event of changed circumstances.


Proposed by
Colin J. Campbelll and Kjell Aleklett
Uppsala Hydrocarbon Depletion Study Group
Uppsala University, Sweden

−−−   −−−
以下にコメントを追加していきますので、末尾のコメント欄に書き込みください。
posted by おぐおぐ at 21:18 | TrackBack(0) | 内政/外交提言アプローチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。