2009年02月19日

今週の注目発言-Peak Oil Reviewより(その3)

ASPO-USAのTom Whipple氏によるPeak Oil Reviewより
Quotes of the Week−今週の注目発言 の最近のものを集めてみました。
 実際にはEnergy Bulletinに掲載されていたものの転載です。

 更新を長らくサボっていました。最近のものから補充をしておきます。

2/16
「先週ずっと石油需要の概算を新たにしていたが、四半世紀以上の間で一番大幅な消費減少が予測されている。それでもさらに原油在庫の増加が起こり、15年間で一番インベントリーは積み上がり、1990年以来もっとも前年に比べて増加した。これらの要因が一緒になり、原油価格を背骨の支えにも関わらず押し下げた。」
- Peter Beutel, with Cameron Hanover

2/9
「何もしなければ、米国はやがて石油の75%を輸入するようになり、誓って言うが私たちは10年後にはそいつに1バレル200から300ドル支払うようになるだろう。」
T. Boone Pickens, CEO investment management firm

2/2
「ロシアの石油生産は2007年にピークに達したが、2008年の暦年では1%ほど減少した。しかし世界にとってより重要なことはロシアの石油輸出能力である。2008年は5.00%以上減少し、予測もそれよりもよくない。ロシアは単に10年前には豊富に存在した3Kな労働力や資源の利点を現在持っていないのだ。45ドル台の石油は、供給の崩壊の場であり続けている。ロシアは生産量の大幅な下落に脆弱だ。」
- Gregor Macdonald, from “Russian Oil Production Appears To Have Peaked”

1/26
「近年の採掘と生産への投資増加は、供給の状況を実質的に改善するほど十分ではなかった。生産基地の年齢や加速する減少率、近年開発した油田の規模の矮小化などは、これ以上の投資の減少が続けば、強いリバウンドの種となるだろう。」(1/24, #1)

- Andrew Gould, Chairman of Schlumberger12/15
“If the world invests more and more in fossil fuels that are becoming increasingly expensive to produce, while investment capital is scarce, this means that the amount available to fund the transition to renewable energy sources will be woefully insufficient.”
-- Richard Heinberg, author and fellow with the Post Carbon Institute
「投資資本が希少になる一方で、世界がますます高価になりつつある化石燃料にますます投資するようになれば、再生可能なエネルギー源への転換のために投資をすることのできる量は、怖ろしく不充分になるだろう。」
リチャード・ハインバーグ、著者/ポストカーボン研究所のフェロー

12/8
“OPEC is going to have to show much better compliance [with announced oil production cuts]. They must feel somewhat dejected that the cut that was thrown at the market has had almost no impact. Although they aren’t powerless, they can do very little to support prices until there is a semblance that demand is leveling.”
「OPECは(公表した石油生産量削減について)ずっと良いコンプライアンスを示さなければならなくなっている。彼らは市場に投じた削減が、ほとんどなんの影響もなかったことにいくらか落胆を感じているに違いない。彼らは無力ではないものの、需要が下げ止まるという形ができるまでは、価格を支えるためにできることはほとんどない。」
-- James Ritterbusch, President Ritterbusch & Associate
ジェームズ・リターブッシュ

12/1
“OPEC might say that they will cut 1 million barrels but in reality the market knows maybe they’ll cut 500,000 to 600,000 barrels. And that’s simply not enough to exorcise the surplus out of the market.”
「OPECは百万バレルを削減するというかもしれないが、市場は実際にはOPECは50から60万バレルだけしかカットできないことを知っている。そしてそれは市場から過剰分を除けるほどの量ではない。」
-- Stephen Schork, president Schork Group Inc. (Villanova, PA)

11/24
“Climate change says we should change, whereas peak oil says we will be forced to change.”
「気候変動は私たちは変わらなければならないと告げているが、ピークオイルは私たちは変わることを無理強いされると語る。」
-- Rob Hopkins, author of The Transition Town Handbook

11/17
The U.S. could soon find itself scrambling to make up 11 percent in lost oil imports. Mexico, the third-largest foreign supplier of U.S. oil, faces the real possibility of having to halt oil exports in four years, a former top Mexican energy official was reported as saying Tuesday in Mexico’s El Universal newspaper
「米国はまもなく、亡くした11%の石油輸入分を緊急に補う羽目に陥るだろう。米国の石油の第三位の供給国であるメキシコは、今後4年間で石油輸出を停止させる可能性に直面している、とメキシコの前エネルギー官僚が火曜日にメキシコのエル・ユニバーサル新聞に語ったそうだ。」
Houston Chronicle, November 11, 2008

11/10
“For the gas industry, peak gas output could come sooner than expected, ‘maybe not too different from peak oil,’ Shell executive vice president John Mills told delegates at the ADIPEC conference in Abu Dhabi on Wednesday.”
「天然ガス産業にとって、ピークガスは想定していたよりも早く、『おそらくピークオイルに余り遅れないで』来ると、シェル社のジョン・ミルズ副社長は水曜日にアブダビで開かれたADIPEC会議で代表団に語った。」

10/6
“One of the key questions the country faces is whether we will use our remaining wealth and fossil fuel to prop up the past or to transition to a different future.”
「この国が直面している大きな疑問は、我々は果たして残る富と化石燃料を、過去につっかい棒を立てるために使うのか、それとも異なる未来への変化のために使うのか、だ。」
−− Carl Etnier, Energy Matters column (9/29, #15)
カール・エトナ「エネルギーが問題」コラム

9/29
# “Where the United States is in regard to oil: most of the untapped reserves we have left are smaller, deeper, farther offshore, less permeable, increasingly sour, and generally more expensive to bring to market. And the more we drill, the more this will be the case…The faster we use up the little oil we have left, the quicker OPEC will be the only one at the table with any chips left. Strategically, this is a loser’s strategy.”
「わが米国は石油についてどのような状況か。残っている未開発の油田はより小さく、より深く、より遠い沿海部にあり、より流動性が悪く、より硫黄分が多く、一般にはより市場に提供するのにコストがかかる。
そして更に開発をより進めれば、これらがより当てはまるようになる。残っているわずかな石油を早く消費すればするほど、OPECが残る唯一のオプションとなっていく。戦略としては、これは敗者の戦略だ。」
−− Timothy Kailing, article at Seeking Alpha site
ティモシー・カイリング WebサイトSeeking Alphaの記事

# “There is a growing contingent of peak oil adherents within the U.S. Armed Forces that is…churning out an expanding body of work on the challenges the military may face in an energy-constrained future. Others, though, worry less about the Army or Navy keep their own fuel tanks full and more about how the military is being sucked increasingly into regions where the overriding strategic interest is oil.”
「米軍の中にはピークオイルの信奉者が次第に増えつつあり、エネルギーの制約を受ける未来に直面して軍が直面するだろう挑戦により広がる活動範囲に動揺している。とはいえ、他の者は、陸海軍が燃料タンクを満タンにし続けておくことについてはあまり心配しておらず、石油についての戦略的な関心がますます増えるだろう地域に軍隊がますます拘束されるようになることを、より心配している。」
−−Neil King Jr., “A Survey of Security Concerns” (Center for a New American Security)
ニール・キング・ジュニア「安全保障の問題に関する調査」より

今週の注目発言-Peak Oil Reviewより(その2) へ続く。
posted by おぐおぐ at 21:20 | TrackBack(0) | 哲学(時代認識/エネルギー論) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127917466

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。