2009年01月04日

一足先にプラトーの端を越えた日本の総人口

 ん?どこかで見た曲線のような…。原油生産量ではありません。

「ピークを打ち下り坂を歩き始めた人口の意味」
http://sgw2.seesaa.net/article/127917242.html

「右肩下がりの経済で何を救い何を屠るのか」
http://sgw2.seesaa.net/article/127917482.html
の続きです。

 元旦の地方紙に記事が載っていました。

死亡数114万人最多
出生数は横ばい
人口減社会が本格化
 厚生労働省の人口動態統計の年間推計が31日に発表されたとのこと。
「日本人の「自然増加数」はマイナス5万1千人。前年の2.75倍で、これまでにない人口減少となった。」
ということで、こちらは日本人だけの統計ですが、2005年に出生数と死亡数が逆転して以来の、死亡数が出生数を超える傾向に拍車がかかり、一層ギャップが広がったようです。

 日本の総人口を示した別の統計はこちら。
総務省統計局「人口推計月報」
http://www.stat.go.jp/data/jinsui/pdf/200812.pdf

jinkou.JPG
 ここに示された月ごとのグラフを見ると、2004年12月が日本の総人口のピークの月であったこと、それから丸4年を経て、プラトーの端、下り坂を転がり始めているとも言える減少傾向となっています。
 今後10年ほども続くのは世界的不況の影響で、人口減少に拍車が掛かるという傾向でしょう。
posted by おぐおぐ at 15:25 | TrackBack(0) | 需要側対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127917485

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。