2009年01月10日

転載:英ブラウン首相は「第3次石油ショックをテコに温暖化対策を」論に踏み込んだのか?

つづき
(初出 2008-05-30)

英ブラウン首相は「第3次石油ショックをテコに温暖化対策を」論に踏み込んだのか?●英国ゴードン・ブラウン首相のガーディアン紙への投稿より
Gordon Brown: We must all act together
http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2008/may/28/gordonbrown.oil
 
 ”The global economy is facing the third great oil shock of recent decades. ”
第3次石油ショックと言い切っています。G8洞爺湖サミットの経済面の最優先議題は原油高騰対策の戦略だ、とも主張しているとのこと。
”This is why the UK is arguing that at the top of the economic agenda for the forthcoming G8 summit in Japan should be a global strategy for addressing the impact of higher oil prices.”


”It is the market's belief that ever-growing demand will continue to outstrip supply that has pushed up the oil price. And we are becoming increasingly aware of the technical, financial and political barriers to the production of more oil.”
 現在、スループットの限界による原油の生産量ピークが起こっていると市場が認識していることが(投機も含めた)高騰の原因だとブラウン首相は主張しているようです。

”So our goal that Britain becomes a low-carbon economy is now an economic priority as well as an environmental imperative. ”「つまり英国は低炭素経済になる、という目標は環境面の意味ばかりでなく経済面の優先課題ともなっている。」そうです。

”And we will do more. In the next three years, energy firms will insulate another 5m homes. Three million more households should get access to free or discounted energy-efficiency products. And "smart" metering will allow informed decisions about energy use.

This domestic action will help. But however much we might wish otherwise, there is no easy answer to the global oil problem without a comprehensive international strategy. ”
 国内の温暖化/省エネ対策は大胆に行うものの、「それだけではどうにもならないので」国際的な協調の下で、OPECとの対話も含めた石油高騰の対策を行うとしています。


●この主張にかみついている?のがジョージ・モンビオです。(時間は前後しますが)。

Majesty, We Have Gone Mad
http://www.monbiot.com/archives/2008/05/27/majesty-we-have-gone-mad/
Posted May 27, 2008
An open letter to King Abdullah of Saudi Arabia
By George Monbiot. Published in the Guardian 26th May 2008

 このサウジの王様向けの公開質問状(というより嘆願書)は、とても面白いです。
”In common with the leaders of most western nations, our prime minister is urging you to increase your production of oil. I am writing to ask you to ignore him. Like the other leaders he is delusional, and is no longer competent to make his own decisions.”

”What I know and you may not is that the high price of oil is currently the only factor implementing British government policy. The government claims that it is seeking to reduce carbon dioxide emissions, by encouraging people to use less fossil fuel. Now, for the first time in years, its wish has come true: people are driving and flying less.”
 つまりわれらがブラウン首相は錯乱しているので取り合わないでほしい、石油を増産しないでほしい、と嘆願しているのです。

 そしてその後の論理の組み立て方を見ると、ジョージ・モンビオも(以前は不可知論で距離を置いていたのですが)今回はピークオイル論、つまりストックの限界で現在の原油高騰が起こっているという論に傾いているようですね。

 さて、ブラウン首相は「第3次石油ショックをテコに温暖化対策を」論にすでに踏み込んでいるのでしょうか?そのようにも取れます。
 そこからは「ピークオイル危機をテコに温暖化対策を」という主張まではほんのわずかな距離であり、主張のバリエーションにすぎないともいえるでしょう。
 今後の国際交渉への影響も含めて、欧米でのこの論争には要注目かと思います。
posted by おぐおぐ at 11:04 | TrackBack(0) | 温暖化との相互連関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。