2009年02月17日

ん!:ニュース短信その13

  この記事の中で、短いニュースを蓄積していきます。
・10/19「石油代替エネルギー促進法」の政策小委員会
・10/21天然ガス版OPEC、ロシア、カタール、イランの3カ国で設立へ
・10/25OPEC大幅(150万bl/日)減産で合意
・10/29米政府どさくさまぎれにビッグ3も救済?
・11/1 IEAは年次報告でピークオイルを評価
・11/6 米国の自動車販売減速
・11/7 IEAのWEOの要約あらわる
・11/16 G20「ブレトンウッズファンクラブ」終わる
・12/5 大幅に日本企業の自動車販売減速
・12/5 半年間の原油先物価格
・12/11 世界経済成長が0%台に!
・12/15 ジョージ・モンビオのIEAエコノミストとのインタビュー
・12/18 米国FRB、ゼロ金利政策を採用
・12/18 OPECとロシア、日産220万バレルの協調減産で合意
・12/25 勝ち組?トヨタ、赤字転落
・09/1/13 ロッキーマウンテン研究所による米国石油輸入マップ公開
・1/15 棚橋祐治・石油鉱業連盟会長のインタビュー
・1/15 米国のエネルギー・石油企業のCFOsへのアンケート
・1/16 Energy Bulletin.netがポストカーボン研究所の傘下に入る
・1/19 野口悠紀雄:「ものづくり輸出立国」の終焉
・1/26 インドネシア天然ガスの輸出ピーク鮮明に
・1/28 アイスランドの政権崩壊
・2/3 ポストカーボン研究所「真のニューディール:エネルギーの希少性とエネルギー及び経済、環境の回復への道」
・2/6 大揺れの欧州デモ
・2/11 メリルリンチ:非OPEC石油はピークを過ぎ、2年ごとに新たなサウジが必要
・2/15 オバマ政権のスプロール対策
・2/17 日本の昨年10-12月期のGDP、年率12.7%の大幅減

−−−
●日本の昨年10-12月期のGDP、年率マイナス12.7%の大幅減
 74年の第一次石油ショックの、一番ひどい急減時に匹敵するということのようです。

●オバマ政権のスプロール対策
President Obama: "The days where we’re just building sprawl forever, those days are over"
”"That's why I'd like to see high speed rail where it can be constructed. That's why I would like to invest in mass transit because potentially that's energy efficient and I think people are alot more open now to thinking regionally in terms of how we plan our transportation infrastructure. The days where we're just building sprawl forever, those days are over.”
 できるところに高速鉄道と公共交通機関を建設するのが海底油田に頼らないで済むための良いスプロール対策だ、という趣旨でオバマ大統領が答えたとのこと。
2/11のフロリダ州でのタウンホールミーティングでのやり取りです。

●メリルリンチ:非OPEC石油はピークを過ぎ、2年ごとに新たなサウジが必要
Oil output could fall by 30m bpd by 2015 - Merrill
http://www.arabianbusiness.com/545723-oil-output-could-fall-by-30m-bpd-by-2015---merrill
 IEAの報告よりも踏み込んだもののようです。


Gasoline will be free, will be free〜♪
Gasoline will be free, will be free〜♪
Way back in the year of 2017,
The sun was growing hotter,
And oil was way beyond its peak...
http://jp.youtube.com/watch?v=_jkfczaOFDU
(シェリル・クロウの歌う「ガソリン」、アニメ化された版も強力になって、お勧めです。)
realnewdealJ.pdf
8月の民主党の党大会でも彼女は3曲ほど歌ったのですが、その中には「ガソリン」は入っていませんでした。残念。

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 20:54 | TrackBack(1) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

ん!:ニュース短信その12

  この記事の中で、短いニュースを蓄積していきます。

・7/30劇的な幕切れ−WTOのドーハラウンド交渉決裂
・7/31中国政府の石油価格統制の行方
・8/5経産省の中小企業対策
・8/6英国グリーンピースのブログでもピークオイル論争
・8/10三菱UFJリサーチ・コンサルティング・(隔週)原油レポートで米国の投機規制についての紹介
・8/18福岡正信さんがなくなられました
・8/19原油高騰の原因追求
・8/26電気料金値上げ反対9/6デモ
・8/27とうとうお茶の間に入ったか
・8/29与党・政府の緊急総合対策決定
・9/2福田首相退陣するも不安なし
・9/2榊原英資と金子勝の共通点
・9/4田中優さん講演のYoutube
・9/12OPEC実質減産決定するも、価格は軟調
・9/15バレル当たり100ドル割れ、日経社説も
・9/15やっちまった−かな?ハリケーン・アイク
・9/16リーマン・ブラザーズ倒産とアメリカ発世界金融危機
・9/24ちょっと前の石井彰氏のピークセンチメント論
・9/26一瞬の130ドルへのジャンプ
・9/27ブッシュ政権によるウォールストリート救済策の行き詰まり
・9/28単月の貿易収支赤字に転落−26年ぶり
・10/1トヨタの委託研究者EV Worldでピーク発表
・10/51週間遅れで米金融安定化法案成立
・10/5ロシア大統領「米国/ドルの金融一極支配終わる」
・10/5NHKの新BSディベート「どうなる原油価格 広がる金融不安の中で」
・10/7米国食料価格も金融危機に反応して下落
・10/9「石油代替エネルギー促進法」の見直し始まる
・10/18エンドオブサバービア−米住宅着工件数底なしの下落

−−−
●エンドオブサバービア−米住宅着工件数底なしの下落
ブログ『化学業界の話題』「9月の米住宅着工 更に減少」
http://knak.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/9-5db1.html
の米住宅着工件数グラフの下り坂がすごいです。 中古住宅の相場下落もサブプライムローン他の含み損となっていくのでしょうね。

●「石油代替エネルギー促進法」の見直し始まる
電気新聞「総合エネ調総合部会、10日に再開−代エネ法見直し、化石燃料依存度低減へ新制度」
http://www.shimbun.denki.or.jp/backnum/news/20081007.html
”エネ庁が約30年ぶりに代エネ法に基づく「脱石油」から「脱化石燃料」に転換する背景には、エネルギー資源をめぐる国内外の情勢変化がある。代エネ法は石油危機を契機として石油依存度を下げるために導入されたが、近年は石油代替燃料である石炭、天然ガスも新興国の需要増などを受けて供給不安を招いている。”
 フーム。価格の問題じゃなくて、供給不安とな?

Gasoline will be free, will be free〜♪
Gasoline will be free, will be free〜♪
Way back in the year of 2017,
The sun was growing hotter,
And oil was way beyond its peak...
http://jp.youtube.com/watch?v=I3Wk_jcfm3Y
(シェリル・クロウの歌う「ガソリン」、お勧めです。)

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 11:24 | TrackBack(0) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

ん!:ニュース短信その11

  この記事の中で、短いニュースを蓄積していきます。

・6/末までの原油価格
・7/1値上げのニュース…ニュース??
・7/2G8サミットに食糧分科会新設
・7/4山頂2号(rita)さん、ブログを再開
・7/9ピークオイル概論の翻訳版更新
・7/9種子島LAMPO結成と勉強会のご案内
・7/11自民党原油価格高騰対策PTの提言
・7/11民主党も原油高騰対策発表
・7/15全国一斉の漁民の1日スト
・7/15JAF Mateに載ったピークオイル論
・7/18週刊ダイヤモンド7/19号に「新型石油危機」特集
・7/19民主党三谷光男議員国会で初?のピークオイル論争
・7/20サウジの落日他の分析記事
・7/21中央公論8月号で堺屋太一も紹介
・7/23豪カンタス航空のCEO、ピークオイル下の航空業界を語る
・7/29漁業燃料費9割補填−自民党のエクストラブールスト

−−−
●漁業燃料費9割補填−自民党のエクストラブールスト
毎日:漁業燃料費補てん:政府、危機感に対応 野放図な支出懸念
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080729k0000m010112000c.html
漁業燃料費補てん:政府・与党、民主1千億円に対抗
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080729k0000m010122000c.html
 少し前の「全国一斉の漁民の1日スト」の短信で書きましたが、自民党政府はやっぱり、やっちゃいけない路線に走ってしまっているようですね。
 ピークオイル時代という「終りのない第3次石油ショック」の恐れを認識していれば、無規律な財政出動は財政破綻への一本道だとわかって避けたはずです。
 ピークオイル時代についてのまっとうな時代認識を持った政治家が多数派を取ることを絶望的に期待しておきます。
 エクストラブールストというのはおまけの豚肉=ポークバーレルという意味です。

Gasoline will be free, will be free〜♪
Gasoline will be free, will be free〜♪
Way back in the year of 2017,
The sun was growing hotter,
And oil was way beyond its peak...
http://jp.youtube.com/watch?v=I3Wk_jcfm3Y
(シェリル・クロウの歌う「ガソリン」、お勧めです。)
つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 12:28 | TrackBack(0) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

ん!:ニュース短信その8

  この記事の中で、短いニュースを蓄積していきます。

この記事の表題一覧。
・G8洞爺湖サミットに向けてNGOsが投機筋の制御を訴え
・石炭戦線異常なし?
・燃費向上グッズ16商品「根拠無し」
・シェリル・クロウの新曲「Gasoline」
・石炭の価格改定交渉前に中国の輸出禁止と南アの停電問題
・十市勉氏の微妙な軌道変更
・バイオ燃料は温暖化を加速−論文が山積
・小麦の価格4月から30%値上げ
・欧州連合もピークオイルを認める
・コスモ石油の戦略
・3/5OPEC、再度原油増産を拒否
・3/7インフレ調整後でも原油価格は史上最高値を更新
・3/7エネルギーチャレンジの講演録
・3/10各種の石炭ピーク研究とその温暖化対策への含意
・3/17とまらぬドル安
・3/19ピークオイル概論の翻訳版
・3/25十市勉氏「資源Wars」石炭の異変に注目
・3/29ロシアの石油生産変調か
・3/30米国でのディーゼル燃料の価格高騰
・4/5鉄鋼原料(石)炭価格3倍に
・4/8十市勉氏「資源Wars」石炭その2
・4/10自動車評論家の舘内端氏のコラム
・4/15毎日新聞論説委員長も書いてます
・4/17食糧ピーク問題、G8洞爺湖サミットの主要議題に

   −−−
●食糧ピーク問題、G8洞爺湖サミットの主要議題に
 朝日:食糧問題、洞爺湖サミット主要議題に 政府方針
http://www.asahi.com/politics/update/0416/TKY200804160349.html
”5月に横浜で開く第4回アフリカ開発会議(TICAD)で当面の緊急対策を打ち出したうえで、サミットではG8として価格安定に向けた国際ルール作りや食糧増産といった中長期的な対策を表明する方向で調整する。”

つづく
人気ブログランキングへ ←をクリックにご協力ください。続きを読む
posted by おぐおぐ at 22:46 | TrackBack(0) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

ん!:ニュース短信その7

  この記事の中で、短いニュースを蓄積していきます。

この記事の表題一覧。
・19日月曜にNHK-BS1『きょうの世界』でOPEC首脳会議の結果解説
・第三回OPEC首脳会議
・NBOnlineにニューズウィーク誌記事が出ています
・経済産業省が原油価格上昇の影響をまとめました
・ブラジルの海底油田発見についてのニューズウィーク誌記事
・石油鉱業連盟、早期ピーク説を否定「石鉱連資源評価スタディ2007年」
・OPECは年次総会でも増産を見送り
・サンデープロジェクトで石油高騰の論争紹介
・小麦の政府価格は来年更に2〜3割高騰
・村上龍の著名メールマガジンJMM「金融経済の専門家たちに聞く」に原油高騰の質疑が掲載
・番外編:Global Witnessがピークオイル危機をバリでプレゼン
・IEAの事務局長、中国の需要が強く1バレル150ドルもありうると
・朝ズバで末吉氏がピークオイル説に言及
・NBOnline記事に石油業界のみる2008年の関係要因記事
・NewsWeek誌の100ドル解説記事
・環境エネルギー政策研究所のメルマガ【SEEN No.43】
・三菱UFJリサーチ・コンサルティング・(隔週)原油レポートで原油枯渇リスクについて否定
・道路特定財源問題に関する見解
・山頂2号記事「ガソリン車時代の終わり/the end of petrol driven cars.」
・益岡賢HPにリンダ・マクウェイグの記事が
・昨年後半のNY原油価格
・川田龍平参議院議員にロビイング
・『分散型エネルギー社会を目指して』
・OPECは2月会合でも増産見送り
ん!ニュース短信その8につづく

   −−−
●OPECは2月会合でも増産見送り
 ニュースにならないのがニュースですね。約90ドルなら安定価格という認識ができつつあります。

●『分散型エネルギー社会を目指して』
 daiさんのブログの過去記事リストをトップページ
の左下に掲載しました。本来ならもっと前に紹介すべきだったところさぼってました。一部ネタ元にしていると言えなくもない記事もちらほらなので。続きを読む
posted by おぐおぐ at 04:00 | TrackBack(0) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

ん!:ニュース短信その6

 この記事の中で、短いニュースを蓄積していきます。

この記事の表題一覧。
・天木直人氏のブログで「石油 もう一つの危機」(石井彰著 日経BP社)の紹介をしています
・クルーグマンの『実に恐ろしい事態』
・新日石:イラン原油の円建て決済、9月積み分から導入
・豪クイーンズランド州の石油ショック評価報告書
・全日空と日航、不採算路線の廃止加速
・共同通信が「巨大油田が高齢化」記事
・ブログ「化学業界の話題」より
・今やみんながピーク論者だ−シュレジンジャー
・グリーンスパン前FRB議長のイラク戦争と石油のリンク
・ノルウェーのスタットオイル社長、非OPEC諸国の2011-12年石油ピークを予測
・豪ABC放送の『Peak Oil?』(2006年)をNHKBS1で放送
・各種の物価高騰話がテレビで話題になっています
・第2回新エネルギー世界展示会
・石炭ピーク研究のEWGは年率7%の石油減耗を予測
・NYMEX原油先物期近物は93ドル台、期先物は80ドル台に
・ひさびさに他ブログの表題リンクを追加しました
・ブログ意見集:原油の高騰で得しているのは誰?
・「原油高騰」をキーワードにしたブログ数の推移

ん!:ニュース短信その7 へ続く

   −−−
●「原油高騰」をキーワードにしたブログ数の推移

 過去90日間に書かれた、原油高騰を含む日本語のブログ記事
テクノラティ グラフ: キーワード「原油高騰」に関するグラフ
このグラフをブログに貼ろう!

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 10:12 | TrackBack(1) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

ん!:ニュース短信その5

この記事の表題一覧。
・力こぶ比べと戦争の香り
・みずほ情報総研HPにピークオイル説解説記事
・ハインバーグ:ピークオイルと気候変動の運動に橋を掛ける
・東アジアサミット前夜
・安倍首相欧州歴訪記者会見
・東アジアエネルギー安全保障に関するセブ島宣言
・1/29〆切:エネルギー基本計画のパブコメ募集中
・三菱ガス化学など9社、石油代替「DME」普及へ新会社
・国内各製造業の原油高騰対応策
・日本の対イラン経済制裁発動
・米国の住宅着工件数大幅減
・福岡正信さんよりお電話
・暖冬の終了気配にも関わらずNY原油60ドル台へ突入
・市民のための環境学ガイドでピークオイルの書評
・チェイニー米副大統領は何のために来日したのか?
・米イラン戦争?
・マシューシモンズの翻訳本
・日本の対サウジみやげは石油備蓄基地
・バイオ燃料の長所と悪影響 国連が報告書
・スイス外務省のピークオイル討論会
・WTIが70ドル台
・東京平和映画祭で『End of Suburbia』上映
・Finanticl TimesでIEAの新報告紹介
・今週はピークオイルの週-7月15日
・日本向けのシベリアパイプライン完成は2015〜17年に延期
・金子勝+アンドリュー・デウィットのチーム本
・ロシア経済省、ロシアの生産ピークをほのめかす
・期間限定で関東地方のでんき予報を
・日本インドネシア共同声明
・日本インド共同声明
・ピークオイルと地球温暖化の統合対策について
ん!:ニュース短信その6 へ続く

   −−−
●ピークオイルと地球温暖化の統合対策について
カーボン・イクイティのHPの中に、ピークオイルと地球温暖化の統合対策についての論文がありました。

イアン・ダンロップ(元・石油産業のCEO) March 2007
Climate Change & Peak Oil
An Integrated Policy Response for Australia
http://www.carbonequity.info/PDFs/Peak%20oil%20Dunlop.pdf
”気候変動とピークオイルは、対策の政策が互いにそれぞれ相手と衝突せず補強しあうものでなければならない。”
”国際的にも国内でも大気中CO2濃度を安定化させピークオイルに備えるための措置について合意し実行することが必要である。政策の実効性を測定するためには明確で法的拘束力のある数値目標を持つ必要がある。”
”現在のその場しのぎの政府の政策は、気候変動という挑戦を受けるには全く不適当なものである。ようやくいやいやながら議論され始めている排出量取引は、必要とされる包括的な政策の一部の要素にしかすぎない。
ピークオイルは短期的には最も大きな悪影響を与える問題であるにも関わらず議題に上がってすらいない。
 この論文では両方の問題に均等に答えるための、世界的、国内共に包括的な統合された以下のような政策を提案している。”
. Stabilising global atmospheric carbon concentrations at 450ppm CO2e by
. Contracting annual global carbon emissions from 8GTC today to 3.5 GTC by 2050
. Equitably allocating the contraction task between nations by converging linearly from today’s unequal per capita emissions to equal per capita emissions globally by a date to be negotiated, say 2040. Australian emissions would have to reduce by 50% by 2025 and 90% by 2050.
. Using a modified Kyoto Protocol to provide the framework for the contraction and convergence process, and for international emissions trading.
. Meeting the national carbon reduction budget by a system of Tradeable Energy Quotas (TEQs) within Australia.
. Negotiating a global Oil Depletion Protocol to allocate available oil equitably between nations, determining national oil descent budgets and providing for international trading
. Allocating oil domestically via a similar TEQ concept to emissions reduction. (TEQs are also applicable to the management of scarce water resources, although this is not the subject of the current paper).

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 00:40 | TrackBack(3) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

ん!:ニュース短信その4

この記事の中で、短いニュースを蓄積していきます。

この記事の表題一覧。
・欧州の経済も変調
・CERAの新しい?報告書の話
・東京方面へ出かけます
・インドネシアからの次期LNG契約に黄信号か?
・「石油と食料:急浮上してきた安全保障問題」
・輸送用に天然ガスハイドレート(NGH)を08年事業化
・米エネルギー情報局(EIA)、脱石油ケースを想定の範囲内に?
・JanJanにもったいない学会の記事
・米国経済についてのコラムニストの警告
・雑記
・5カ国エネルギー大臣会合
・米メキシコ湾岸の海底石油採掘法通過
・有機農業推進法成立
・経済産業大臣会見で資源外交について
・十市さんとBBSでお話キャー
・イランは2015年に石油輸入国に転落
・米国の経営者団体、2030年に石油依存度半減を政府に求める
・日本語で紹介しているブログがまたありました。
・キッシンジャーもピークオイル時代を語る?
ん!:ニュース短信その5 へ続く

   −−−   −−−

●キッシンジャーもピークオイル時代を語る?
ブログ:ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 でテレビインタビューが紹介されていました。
キッシンジャー博士2007年予測・裏読み
 単に時流に乗っているのでしょう、裏読みのしすぎは身体によくないと思います。

つづく続きを読む
posted by おぐおぐ at 09:08 | TrackBack(0) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

ん!:ニュース短信その3

この短信の表題一覧。

・米国の住宅バブルの終焉は始まったのか?
・原油価格低下でヘッジファンドも返り血を浴びる
・議員が原油価格の高騰について質問
・アザデガン油田に対する日本の権益
・イラン油田権益交渉
・広島大学の地球資源論研究室のリンク集
・金融不安定性についての解説記事
・再生可能エネルギー国際会議
・OPECが原油価格低下を食い止めるために減産
・カリフォルニア州オークランド市が2020年に石油から自立する目標を宣言
・NO NUKES,MORE TREES対談
・The Oil Drumの記事 Peak Oil Update
・教育は、めざします…
・若者の海外旅行=飛行機利用が減っている
・Nzエネルギー大臣によるスピーチ
・「The End of Suburbia」のビデオの52分版がYoutubeに掲載
・資源高倒産すでに106件
・安倍首相が国内のガソリン需要の10%分を国産バイオエタノールで賄うよう
・ブッシュ大統領、イラク戦争は石油のため、と認める
・peakoil.comへのアクセス元調べで、中国本土から大量のアクセス
ん!:ニュース短信その4 へ続く

   −−−

●Chinese now visiting peak oil sites?
http://www.energybulletin.net/22283.html
peakoil.comへのアクセス元調べで、中国本土、特に北京当たりから大量のアクセスがあることがわかりました。
(いかに日本人が関心がないか、もばれてしまいましたが。)
worldmap

山頂2号:中国とピーク/China awakes?
http://peak-guy.blogspot.com/2006/11/china-awakes.html
でも紹介されています。政府よりも大学関係者なんだそうで、まあ英語には不自由していない米国留学経験組が沢山いるでしょうからねえ。

 たまたま『ん!』にもClstrmapのアクセス元調べのカウンターを左側の一番下に張ったところです。そのmapの中から「Map with smaller cluster」をクリックすれば、日本国内の分布もおぼろげながらわかります。

●ブッシュ大統領、イラク戦争は石油のため、と認める
 米国の中間選挙戦の最終日のCNNニュースで取り上げていました。とはいっても、イラクの石油がテロリストの手に渡ると大変、という意味ということですが。戦争継続への支持を訴えるための浅いレトリックとして苦し紛れで出てきた発言なのでしょう。
しかし、一旦石油の支配をイラク駐留の必要性と絡める論理を認めれば、フセインが石油を所有していたから攻撃したのだということも否定しきれなくなります。
(今日8日は投票が終り開票が一部ではもう始まっていますね。不在者投票が1週間後くらいに開かれるところもあるということで、最終的な情勢の決定にはもしかすると1週間単位で掛かるのかもしれませんが、大激戦のようです)

(8日深夜の時点では、下院は227,8議席を民主党が獲得し、逆転。上院も49vs49と拮抗状態で、結果の見えない2州で再集計のプロセスになるため、逆転したかどうかが決まるのは1月先になりそうです。まあ上院側がどうなるかは抜きにしても民主党側の歴史的な勝利となりました。)

(10昼の時点では、接戦だったバージニア州で共和党候補者が敗北を認めており、上院も民主党が過半数を確保したことが明らかとなりました。)

●バイオエタノールについて
ブログPEUGEOT 307 HDiより「DAY783 安倍首相のエタノール増産指示は正しいか? 」
http://blog.goo.ne.jp/peugeot307hdi/e/27e5b08fc08c1a5f94e48ec43e67ef0b
安倍首相が国内のガソリン需要の10%分を国産バイオエタノールで賄うようロードマップを作るよう指示したとのことです。
 正直言って、輸入バイオエタノールで賄うのよりは国産農作物でやってほしいところですが、農地を量的に確保することも難しいとのことです。
 そもそも、EPRが極端に低く、石油の代替としての意味がない可能性も高いです。
 どうしてこうも袋小路の見える技術開発ばかりやりたがるんでしょうね。

つづく。続きを読む
posted by おぐおぐ at 10:07 | TrackBack(2) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

ニュース短信その2

この短信の表題を以下に示します。
・イラン核開発問題についての日本の外務省の反応
・石油業界内部からの発言
・オーストラリアでのハインバーグ氏講演会
・ビル・トッテン氏の会社、アシストが異業種参入
・イラク戦争を始めた大義名分はすべて間違っていた
・新聞各紙の報道チェック−アップデート
・大きな需要要因となるだろう米住宅市場で、変調の兆し
・トヨタがGMを抜いて世界最大の自動車メーカーに
・ウーゴ・チャベス大統領、ピークを警告(1年前の話)
・加速する中国石油企業の海外進出
ん!:ニュース短信その3 へ続く

   −−−
●中国石油企業の海外進出についての評価が中国情報局ニュースに出ていました。
加速する中国石油企業の海外進出
 中国政府は石油の権益確保に必死なように見えますから、ピークオイル論が受け入れられているのか、というのは知りたいところですが、この中では分析はされていないですね。


つづく。続きを読む
posted by おぐおぐ at 09:27 | TrackBack(3) | ん!ニュース短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。