2009年02月10日

イベント案内2/26〜イギリスの言い出しっぺたちに学ぶ夕べ〜 トランジションタウン・冒険の3年

mixiのコミュニティ「ピークオイル」より転載。
http://mixi.jp/view_event.pl?id=39664125&comm_id=1322211

Talking Tree 夏樹さんの投稿です。
−−−
 トランジション・タウン運動の始まりの地、英国のトットネスより、その立ち上げから参加し、以来普及に努めてきた二人のメンバーをお招きし、活動にあたっての四方山話や様々な実例について語ってもらいます。
世界で最もトランジションが進んでいるまちトットネス、そこでの具体的な活動の様子を聞けるのは大変貴重な機会です。ふるってご参加ください!

*尚、2月28日・3月1日には別途葉山で2日間のトランジション・トレーニングを予定しております。このトレーニングは、トランジション・タウンの理論と実践をワークショップ形式で楽しく創造的に学び、どうしたらこの活動を効果的に立ち上げ、運営し、成功に導けるかについて具体的なイメージをつかんでいただくことを目的としています。ご興味のある方は下記受付先までお問い合わせください。
***********************************
    
● 日時:平成21年2月26日(木) 19:00〜21:30
● 場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
     国際交流棟 第一ミーティングルーム
     http://nyc.niye.go.jp/
● 定員:80名
● 参加費:2500円

※)2月28日・3月1日開催のトランジション・トレーニングにお申し込みいただいた方は、特典として参加費無料とさせていただきます

● お申し込み:以下のメールアドレスに、「2/26イベント申し込み」というタイトルと本文にご氏名・ご住所・ご連絡先(電話・メールアドレス)をご記入の上、ご送信ください。receptionアットマークtransition-japan.net

● ゲストスピーカー:
・ナレッシュ・ジアングランデ(Naresh Giangrande)
  トランジション・トットネスをトランジション・タウン運動の創始者であるロブ・ホプキンスとともに立ち上げる。現在は、当地でエネルギーのワーキング・グループを主宰するとともに、トランジション・トレーニングの普及に努める。

・ソフィー・バンクス(Sophy Banks)
  やはりトランジション・トットネスの中心人物。心理療法のセラピストとしての経歴を持つ彼女は、当地でハート&ソウル(心と魂)というワーキング・グループを主宰し、主に内なるトランジションの重要性について普及・啓発を行っている。

*トランジション・タウンとは  
 ピークオイルと気候変動という危機を受け、市民の創意と工夫、および地域の資源を最大限に活用しながら脱石油型社会へ移行していくための草の根運動。イギリスにはじまり世界中に取組みがひろがり、日本では神奈川県藤野町、葉山町、東京都小金井市で実践中
http://www.transition-japan.net/
−−−
posted by おぐおぐ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | go! localアプローチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

ん!2009年1月のアクセスランキング

 JanJanブログのアクセス数解析機能を使って、1月の1ヶ月間の人気がある記事を10件紹介しておきます。
 今月はエロサイトへのリンク付きコメント攻撃がありましたので、数は底上げされている分があるはずです。

 相変わらず2年前9月のイベント案内へのアクセスがトップページ(index)よりも多いのはいったいなぜでしょうねー。
グリーンニューディールへの関心が高いのは何よりです。

順位 HTML タイトル アクセス数
1 イベント案内9/14-16ティーチイン:グローバルな3重の危機に対抗する 5995
2 INDEX 3297
3 2008年のトップ10ニュース 757
4 トリプル・クランチを解決するためのグリーンニューディール 245
5 一足先にプラトーの端を越えた日本の総人口 223
6 09年1月20日はポストピークオイルディ? 207
7 バイオ燃料短信(Energy Bulletin)その2 194
8 転載:英ブラウン首相は「第3次石油ショックをテコに温暖化対策を」論に踏み込んだのか? 187
9 転載:本の紹介『ピーク・オイル・パニック』 181
10 転載:温暖化の環境制約とピークオイルの資源制約はどちらが早い? 174


2009年01月検索文字列順続きを読む
posted by おぐおぐ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

コメント部屋その3

 全記事へエロサイトへのリンクをはって回るというコメント攻撃に耐えられず、記事はすべてコメント不可とさせていただきます。

 コメントをつけていただく専用の記事を立ち上げましたのでここにコメントをください。
posted by おぐおぐ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イベント案内:1/27、1/29トランジション・タウンに関する会合@関西

 転載・転送歓迎とのことでしたのでSEEP-MLより転載しておきます。

***************************************************************************
地域のチカラを結び育む
〜トランジション・タウンのムーブメント〜(1/27、1/29)へのお誘い

 トランジション・タウン(以下T.T)とは、私たちの暮らしの足元を見つめ直し、持続可能でしなやかで強い地域を、そこに暮らす人々の力を結び育むことでつくっていくムーブメントであり、ヘレナ・ノーバッグ・ホッジさんが提唱されるローカリゼーションを進めていくための具体的なツールになるものとして注目されています。

 T.Tは、元を辿れば、パーマカルチャーの講師であるロブ・ホプキンスが4年ほど前にピークオイルの問題を知って衝撃を受け、自分がそれまでに学んだことを総動員して何かできないだろうかと試行錯誤する中から生まれたもので、わずか数年のうちに100を超えるまでに広がっており、日本でもパーマカルチャーを学んだお仲間が中心になって、トランジション・ジャパンを結成され、T.Tを日本にも広めるべく活動をされております。

 今回は、トランジション・ジャパンを結成された榎本さん、吉田さん、帰山さんに、トランジション・タウンの魅力を余すところなくご紹介していただき、このムーブメントの動向を探り、そのエッセンスを、それぞれの地域でどのように活かしていけるか、参加者の皆さまと共に対話で深める場となればと思っております。奮ってのご参加、お待ちしております。

尚、今回、京都と滋賀での二つの会を別の日にセッティングを致しました。

日時:
1月27日(火) 18:30〜20-:30 メルパルク京都 4F研究室4 (定員50名)
  京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13 075-352-7444
   http://www.mielparque.jp/kyt/kyt01.html
   ※会終了後に、会場近くで懇親会を開催予定です。

1月29日(木) 17:30〜19:30 コラボしが 会議室 (定員60名)
  大津市打出浜2番1号 077-511-1400
  JR琵琶湖線(JR東海道本線)「大津」駅よりバス約7分、または徒歩
  約20分
  JR琵琶湖線(JR東海道本線)「膳所」駅より徒歩約15分
  京阪電鉄「石場」駅より徒歩約3分
   詳しくは以下をご覧ください。http://www.collaboshiga21.jp/

参加費:500円(ただし学生は無料)

問い合わせ先:今堀 洋子(maho0927アットマークgmail.com 090-4426-5648)まで

<講師紹介>
榎本英剛さん 今年6月まで3年ほど英国北部にあるフィンドホーンというエコビレッジにて持続可能な暮らしを研究したのち、英国在住中に出会ったトランジション・タウンを日本で広めるべく、神奈川県の藤野町を拠点に仲間とともに活動中。専門はコーチングとリーダーシップ。

吉田俊郎さん 2004年パーマカルチャー実習コース受講後、24年間勤めた医療機器業界を辞められ、傍ら冬期湛水不耕起栽培の米作り、自然農法的野菜作り、漁師に海のことを教わりながら地元の仲間とトランジション葉山の創設でコアグループ形成中。

帰山寧子さん 今春サラリーマン生活を休止し、NPOにて都市と農山村をつなぐ活動に従事。これまで学んだパーマカルチャーやエコビレッジの考えをもとに、会社や政治などの大きな体制に依存することなく、自分達の力で豊かに生きていける術を模索。トランジション葉山で活動中。

<コメンテイター>
(1/27 京都会場)藤岡 惇(立命館大学)教授
(1/29 滋賀会場)仁連 孝昭 (滋賀県立大学)教授

主催:関西シューマッハ友の会(この会は、ヘレナさんとの交流の集いで知り合った谷川佳子・仁連孝昭・藤岡 惇・今堀洋子がごく最近つくった集まりで、まだ会則も何もありません。よろしければ、ご加入・ご協力ください)
***************************************************************************
posted by おぐおぐ at 01:22 | TrackBack(1) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

転載:英ブラウン首相は「第3次石油ショックをテコに温暖化対策を」論に踏み込んだのか?

つづき
(初出 2008-05-30)

英ブラウン首相は「第3次石油ショックをテコに温暖化対策を」論に踏み込んだのか?続きを読む
posted by おぐおぐ at 11:04 | TrackBack(0) | 温暖化との相互連関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転載:本の紹介『ピーク・オイル・パニック』

つづき
(初出 2006-10-06)
本の紹介『ピーク・オイル・パニック』続きを読む
posted by おぐおぐ at 10:51 | TrackBack(0) | 温暖化との相互連関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転載:温暖化の環境制約とピークオイルの資源制約はどちらが早い?

 続いて転載です。現在とは見解が違う部分もありますが。

(初出 2006-01-03)
温暖化の環境制約とピークオイルの資源制約はどちらが早い?続きを読む
posted by おぐおぐ at 10:18 | TrackBack(0) | 温暖化との相互連関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転載:謹賀新年:ウプサラ議定書と石油会社の面白い動き

 続いて転載です。現在は、石炭などの代替案の現実性について当時の考えとは変わっていますがそのままにしておきます。

(初出2006-01-01)
謹賀新年:ウプサラ議定書と石油会社の面白い動き続きを読む
posted by おぐおぐ at 09:59 | TrackBack(0) | 温暖化との相互連関 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。